サービス
PCBの製造
PCB 製造能力
PCB材料
高密度実装配線(HDI)PCB
インピーダンス制御PCB
PCB電気テスト
PCB製造の見積り
PCB実装
部品管理
ICプログラミング
機能テスト

PCB電気テスト

Bittele Electronicsは、IPC-9252の規格に従って、工場で製造されたすべての裸PCBに対して、100%電気テストを行います。当社の回路基板製造プロセスでは、インサーキットテストまたはフライングプローブテストを使用してテストを行います。

PCBをテストするには、NETLISTファイルが必要です。お客様のオリジナルガーバーデータから参照ネットリストを作成していますが、比較のためにネットリストに基づいてCADファイルを受け取ることをお勧めします。PCB配線の前にCADベースのネットリストを生成するため、(ガーバー出力と比較して)別の検査層を提供します。これにより、ガーバーファイルにエラーが発生した場合に、ショート/オープン不良を検出することができます。

ネットリスト規格のフォーマットがすべてのCADソフトウェアパッケージに適用できるIPC-356はおすすめです。

テスト能力及び種類

弊社のテスト能力は下記の表の通りとなります。

テスト能力
最小連続抵抗0.1 Ohms
最大テスト電圧1000 Volts
最大絶縁抵抗25 M Ohm - 2 G Ohm
電気テストピッチ(フィクスチャ)0.020"
電気テストピッチ(フライングプローブ)0.004"

設計及びコストの両方を考慮した上、当社のテスト方法は次のいずれかになります。

  1. インサーキットテスト、あるいは
  2. フライングプローブテスト

時には、インサーキットテストとフライングプローブテストの違いや、それに関連するコストについて顧客に聞かれたことがあります。以下の例は、2つの方法の違いを明確にします。

例えば、750個のネットを持つ3,500のテストポイントがある案件のことです。

インサーキットテスト

電気テストピッチ = 0.020"
セットアップ時間: 30 分
学習時間: 0 分
デバッグ/欠落ピンのチェック: 10 分
ボードあたりのテスト時間: 40 秒
すべての点が同時にテストされます。
しかし、このプロセスには、器具を作成するための設置時間及び材料コストに関連する追加のコストが伴います。

フライングプローブテスト

電気テストピッチ = 0.004"
設置時間: 0 分
学習時間: 20 分
1ボードあたりのテスト時間: 6 分
ポイントは一度に1つずつテストされます。
プログラムが動作するにつれて機械が学習するので、設置時間はありません。

ピッチに問題がなければ(設計によって異なる)、閾値は15の製造パネルです。したがって、次のしきい値に基づいたテスト方法を選択します:
フライングプローブ:15個以下の製造パネル
テスト器具:15個以上の製造パネル

テストレポート

必要に応じて、以下の資料を無料で提供しています。

  1.  マイクロセクション
  2.  Xセクションレポート
  3.  クロスセクションレポート
  4.  はんだ付け性レポート
  5.  クロスセクションレポート
  6.  TDRテストレポート(インピーダンステストが必要な場合
  7.  耐電圧テスト(すべてのコア<0.003")
  8.  剥離強度レポート
  9.  CのC
  10.  RoHS対応レポート
  11.  U.L証明書
 
Bitteleにおける関税控除政策
Bittele Electronicsは、新しいPCB実装ラインを導入
Bitteleのストラテジーは、ターンキーPCB実装に取り組む
Bittele Electronicsは無料受動部品サービスで顧客のコスト削減に達成
 
製造性考慮設計(DFM)ガイド
実装設計(DFA)ガイド
サンプル部品表(BOM)
実装仕様のサンプル
PCB製造仕様
 
testimonials
 
payment types
他の支払方法 ...
 
 
 
会社概要 | サービス | 品質 | ブログ | プライバシー | 利用規約 | お問い合わせ
Copyright 2003-2019, Bittele Electronics Inc. All Rights Reserved.