リソース
DFM ガイドライン
DFA ガイドライン
セントロイドファイルの作成方法
Eagleからガーバーを出力する方法
Altiumからガーバーを出力する方法
KiCadからガーバーを出力する方法
PCB用語集

PCB用語集

この用語集には、PCB製造における一般的な専門用語が含まれています。これらの用語の一部は、無料DFM案内で詳しく説明されています。

能動部品:増幅器、トランジスタ、ダイオード、整流器などの給電された電気回路の基本特性を変えることができる半導体デバイス。

環状リング:めっきされたドリルホールを囲む導体パッドの幅。

アートワーク:プリント回路設計。

アスペクト比:基板の厚さとプリント回路基板の最小ホールの直径との比。

実装ファイル:PCB上の部品の位置を説明する図。

自動試験装置(ATE):試験された電子装置の性能を評価するために、機能パラメータを自動的に試験し、分析する装置。

ボールグリッドアレイ(BGA):はんだボールの相互接続部はパッケージの底面を覆うSMDパッケージ。

ベアボード:電気部品が取り込まれていないPCB。

基本的な銅重量:銅箔を参照

BBT:ベア基板試験。 未処理PCBの電気試験。

部品表 (BOM):親実装に入るすべてのサブアセンブリ、コンポーネント、および原材料などを含めて、実装を完成するために必要な数量を示す包括的なリスト。

ビルトイン自己試験:特定のアドオンハードウェアを使用してデバイスをテストするための電気試験の方法。

CAD:コンピュータ補助設計。 電気回路の設計に使用されるコンピュータソフトウェア。

CAM: コンピュータ補助製造。 製品を製造するためのコンピュータの使用。

CAMファイル:ガーバーファイル、NCドリルファイル、アセンブリ図面を含むPCBの製造に使用されるファイル。

セラミックボールグリッドアレイ(CBGA):セラミック基板を持っているボールグリッドアレイパッケージ。

チップオンボード(COB):チップをプリント回路基板または基板に、はんだまたは導電性接着剤で直接接続する配置。

チップ:シリコンウェハの個々の回路またはコンポーネント、電子部品のリードレス型。

部品面:ほとんどのコンポーネントが実装されたPCBの側面。

コーティング:物質表面に堆積した材料(導電性、磁性または誘電性)の薄層。

熱膨張係数(CTE):%/度Cまたはppm /度Cで表され、温度が変化したときの物体の寸法変化率の元の寸法に対する比。

銅箔(ベース銅重量):基板上の銅めっき層。 これは、被覆された銅層の重量または厚さによって特徴付けられる。 例えば、平方フィート当たり0.5オンス、1オンス及び2オンスは、18,35及び70μmの銅層に相当する。

腐食性フラックス:銅や錫の導体の酸化を引き起こす可能性のあるハロゲン化物、アミン、無機または有機酸などの腐食性化学物質を含むフラックス。

硬化:温度 - 時間プロファイルで熱硬化性エポキシを重合させる不可逆的なプロセス。

硬化時間:ある温度でエポキシを硬化させるのに必要な時間。

ドライフィルムはんだマスク(DFSM):はんだ付けプロセスを助け、時間の経過とともに銅の酸化を防ぐためにPCBに塗布される層。

誘電体:電流に対する絶縁レベルを特徴付ける材料の特性。

DIP:リード線間の標準間隔でベースから2列のリード線を備えたデュアルインラインパッケージ。 DIPはスルーホール実装パッケージ。

両面実装:基板の両面に部品を備えたPCB実装。

DRC:デザインルールチェック。 設計の製造可能性を確認するための技術者によるコンピュータ支援分析。

ドライフィルムレジスト:写真方法を使用してPCBの銅箔上に感光性フィルムをコーティングする。これらは、PCBの製造プロセスにおける電気メッキおよびエッチングプロセスに耐性がある。

エッジコネクタ:他の回路基板または電子デバイスを接続するために使用され、金メッキ形態の回路基板エッジ上のコネクタ。

エッジクリアランス:任意の導体またはコンポーネントからPCBのエッジまでの最小距離。

無電解析出:電気メッキに対して、電極を使用せずに化学溶液中の金属イオンを還元することによって、基材表面上への導電性材料の化学的コーティング。

電気メッキ:陰極と陽極の2つの電極の間に電解液に直流電流を流すことによって、電解液から陰極に還元された金属イオンを電気化学的に析出させること。

ESR: 静電的に付けされたはんだレジスト。はんだレジスト材料の微粒子は、均等な用途のために、反対に帯電した基板上に充填し、噴霧すること。

ファインピッチ:リードピッチが25ミル(0.5mm)以下の表面実装部品。

フィンガー:カードエッジコネクタの金メッキ端子。ゴールドフィンガーもある。

フラックス:金属表面から酸化物を除去し、はんだで金属を濡らすのに使用される材料。

FR4:エポキシ樹脂を含浸した織物ガラス繊維材料から作られた難燃性ラミネート。

ファンクションテスト: 機能テスト:テストハードウェアとソフトウェアによって生成され、模擬機能を備えている実装された電子デバイスの電気試験。

ガーバーファイル:パターンが印刷されるようにフォトプロッタを制御するために使用されるデータファイル。PCBの場合、設計者はガーバーファイルを使用して回路設計を指定し、製造元がその回路設計を作成することができる。PCBの各層には独自のガーバーファイルが必要。

グランドプレーン:回路要素の電流を戻すためと守るための多層PCBにおける共通グラウンドを基準としての導電面。

GI:ポリイミド樹脂を含浸した織りガラス繊維積層体。

ゴールドフィンガー:カード側コネクタの金メッキ端子。また、フィンガーを参照してください。

HDI:高密度相互接続。層と狭い電気トレースとの間で非常に小さいプリント回路基板を製造する方法。はるかに高密度の回路設計を容易にし、製品の小型化を可能にする。

内部回路テスト:回路全体をテストするのではなく、PCBアセンブリ内の個々の部品または回路の一部の電気をけんさくする。

穴密度:PCB上の単位面積あたりのスルーホールの数。

インタースティシャルビアホール:多層PCB内に2つ以上の導体層を接続した埋め込みスルーホール。

ラミネート:同じまたは異なる材料のいくつかの層を一緒に結合することによって作られた複合材料。

ラミネーション:圧力と熱を使用してラミネートを製造するプロセス。

凡例:PCB上の印刷された文字または記号の形式。部品番号および製品番号、参照番号、ロゴなど。

LPI:現像型ソルダーレジストのことを指す。より薄いレジストを制御するために現像型のものを使用し、ドライフィルムソルダーレジストよりも優れている。

最小導体幅:PCB上のトレースなどの導体の最小幅。

最小導体クリアランス:PCB内のトレースなどの隣接する2つの導体間の最小距離。

多層PCB:ラミネート層によって分離され、内部と外部の接続で結合されたプリント回路の3つ以上の層を用い、作った回路基板。

NCドリル:NCドリルファイルで指定されたPCBの正確な位置に穴をあけるために使用される数値制御ドリルマシン。

ネットリスト:回路の各ネットに接続されている部品とその電気的接続点のリスト。

ノード:少なくとも2つの部品が導体を介して接続されているピンまたはリード。

NPTH:メッキされていないスルーホール。電気的接続に使用されないため、銅めっきされていない回路基板を貫通した穴。

Pad:PCB上の電子部品の接続および取り付けのための導体パターンの部分。ランドとも呼ばれます。

受動部品:回路の基本パラメータを変更しない単純な電気部品。

PCB:プリント回路基板。プリント配線板(PWB)とも呼ばれる。

PEC:プリント電子部品。

ピック・アンド・プレイス:回路のアセンブリファイルに従って特定の場所にコンポーネントを選択して配置するアセンブリプロセスの製造オペレーション。

ピッチ:PCB上のパッドやピンなどの導体間の中心間の間隔。

プラスチックリードチップキャリア(PLCC):J-leadを備えたコンポーネントパッケージ。

PPTH(めっきスルーホール): スルーホールコンポーネントの接続またはビアとして使用されるPCBの異なる層または側面間の導電相互接続として使用されるめっきされた穴。

めっきレジスト: この領域のめっきを防止するための領域に被覆膜として置いた材料。

リフローソルダリング:表面に加熱して、予備はんだした2つの被覆された金属層を溶融し、接合し、冷却させる接合方法。

レジスト:選択されたパターン範囲をマスクまたは保護するためにエッチング、はんだ、またはメッキに使われるコーティング材料。

配線(またはトラック):電気接続のレイアウトまたは配線。

RF(高周波)及びワイヤレスデザイン:可聴周波以上、可視光以下という電磁波周波数範囲で動作する回路設計。30KHzから300GHzまでAMラジオから通信衛星までのすべての放送が範囲内です。

スクリーン印刷:スクリーンプリンターのスキージでペーストを押し出し、パターンのあるスクリーンステンシルから基板に画像を転写するプロセス。

シルクスクリーン印刷(シルク印刷凡例): PCB上に印刷されたエポキシ印刷インキの凡例。最もよく使われている色は白と黄です。凡例を参照してください。

スモールアウトライン集積回路(SOIC):リードが2列に並ぶ表面実装タイプ集積回路パッケージ。

SMOBC: はんだマスク。銅を別の合金にメッキする前に、先にはんだマスクを直接に回路基板に配置します。

SMD:表面実装装置。電気部品は穴ではなく基板の表面に接続されています。

SMT: 表面実装技術。 表面実装装置に部品を配置すろ時に関連する技術。

はんだ:電気部品とPCBとの間で電気的および物理的な接続を確立するために溶融され、そして、固化される錫合金。鉛および鉛フリー二種類があります。

はんだブリッジ:ほとんどの場合、はんだ接合する中に2つ及び2つ以上の隣接パッドを接続間違いした途端に導電路を形成する。

はんだバンプ:フェイスダウンボンディング技術で使用される部品のパッドに丸められたはんだボール。

はんだマスクまたははんだレジスト:はんだが基板の指定された領域に堆積するのを防ぐためのコーティング。

はんだウィック:はんだ接合部かはんだブリッジからはんだを除去するため、またははんだ除去のためだけに使うワイヤーバンド。

温度係数(TC):温度が変化したときの電子成分の電気抵抗や静電容量などの電気的パラメータの量変化を%/度Cまたはppm /度Cで表した比率。

テストポイント:電気回路基本的な部品の機能調整または品質テストのための特定のテストに使用される回路基板内の特定のポイント。

テスト:サブアセンブリ、アセンブリ、および/または完成した製品が一連のパラメータおよび機能仕様に合っているかどうかを判断する方法。 テストの種類には、回路内、機能、システムレベル、信頼性、環境が含まれます。

ターンキー:調達、組立、およびテストを含む製造のすべての面を外注先に引き継かされアウトソーシング方法の一種。反対側は契約会社であり、委託会社は製品に必要なすべての材料を提供し、下請け業者は組立施設と労働者のみを提供する。

UL規格:多くの業者がサポートしているアメリカ保険業者安全試験所が策定した電気機器の一般的な安全基準。

ビア:PCBのそれぞれの側面または層上の導体のお互いを接続に使用されるはんだスルーホール。

波はんだ付け:はんだ接合が溶けたはんだの波を用いて同時にはんだ付けされる製造操作。

 
Bitteleにおける関税控除政策
Bittele Electronicsは、新しいPCB実装ラインを導入
Bitteleのストラテジーは、ターンキーPCB実装に取り組む
Bittele Electronicsは無料受動部品サービスで顧客のコスト削減に達成
 
製造性考慮設計(DFM)ガイド
実装設計(DFA)ガイド
サンプル部品表(BOM)
実装仕様のサンプル
PCB製造仕様
 
testimonials
 
payment types
他の支払方法 ...
 
 
 
会社概要 | サービス | 品質 | ブログ | プライバシー | 利用規約 | お問い合わせ
Copyright 2003-2019, Bittele Electronics Inc. All Rights Reserved.