サービス
PCBの製造
PCB 製造能力
PCB材料
高密度実装配線(HDI)PCB
インピーダンス制御PCB
PCB電気テスト
PCB製造の見積り
PCB実装
部品管理
ICプログラミング
機能テスト

インピーダンス制御PCB

Bittele Electronicsは、お客様の要求に応じてスタックアップとインピーダンス計算を無料で提供します。当社のフィールドアプリケーションエンジニアは、お客様のお役に立てるよう常に準備しております。PCB設計の構想設計の段階でお客様と協力し、適切な材料と積層スタックアップを選択してインピーダンスを制御する際にお役に立てれば幸甚です。

Bitteleのスタックアップ機能は次のとおりです。

  1. 無料スタックアップ
  2. 無料インピーダンス
  3. ハイブリッド構成
  4. RF PCB

Bittele Electronicsは、常に社内の在庫に共通材料を保管しようとします。それらの共通材料は次のとおりです。

  1. 高い銅重量:2オンス、3オンス;より重い重量(リードタイム付き)
  2. 奇形銅の重量:H/1オンス、H/2オンス、1/2オンス
  3. 箔:1/4オンス、オンス、1オンス、2オンス、3オンス

フォイルビルドアップまたはコアビルドアップ基板の選択

デフォルトでは、Bittele Electronics社は最も経済的なPCBを製造するために箔で作られたPCBを使用することが好きです。必要に応じて、コア内蔵PCBも活用します。箔で作られたPCBは、コア内蔵のPCBよりも経済的なだけでなく、プロセスがやや簡単です。下の図は、フォイルビルドアップPCBとコアビルドアップPCBの違いを示しています。

フォイルビルドアップPCBは、スタックアップ時にコア内蔵のPCBよりも1コア少ないものを使用します。外側はアルミニウムホイルで構成されています。さらに、さまざまな銅重量の箔を入手する方がはるかに簡単です。箔で作られたPCBはアルミニウム製であるため、どの材料を使用しているかにかかわらず、どの構成でも使用できます。プリプレグは、特にコアが5ミル以下の場合、コアのコストが安くなります。

コア内蔵PCBは外側にコアがあるため、アルミニウムホイルを使用する必要はありません。材料の入手可能性に応じて、不均一な銅重量のコアを得ることが困難な場合があります。このため、PCB製造業者はコアエッチングを実施するようになりました。それはまた人件費がかかり、実際の製造においてはより高い銅の量の材料を使用するので、プロセスはより高価になっているのです。

インピーダンス計算

Bittele Electronics社は業界標準のPolar Impedance Calculator SI8000を使用してインピーダンスを計算します。インピーダンスレポートとシリアル化されたTDRテストクーポンを各貨物に無料で提供します。一般に、設計者は、データシートのプリプレグ値を使用してインピーダンスを計算します。弊社は長年に渡って、スクイーズアウトの厚さとも呼ばれるプリプレグの厚さを知るために、豊富な研究を重ねてきました。これらの値を使用することで、インピーダンス計算を改善し、完成したPCBの実際の値に近づけることができます。このため、大変お勧めのこととして、お客様が弊社チーム及び経験豊富なフィールドアプリケーションエンジニアと構想設計の段階で協力することで、インピーダンス計算の精度を上げることができます。

弊社は、少なくとも2枚のTDRテストクーポンをパネルの対角線上に置いて、すべての製造パネルを走らせます。両方のテストクーポンは、パネルとアレイ(存在する場合)遂次化されています。上記のように、弊社はすべての貨物を無料で遂次化したTDRテストクーポン及びレポートを提供しています。

 
Bitteleにおける関税控除政策
Bittele Electronicsは、新しいPCB実装ラインを導入
Bitteleのストラテジーは、ターンキーPCB実装に取り組む
Bittele Electronicsは無料受動部品サービスで顧客のコスト削減に達成
 
製造性考慮設計(DFM)ガイド
実装設計(DFA)ガイド
サンプル部品表(BOM)
実装仕様のサンプル
PCB製造仕様
 
testimonials
 
payment types
他の支払方法 ...
 
 
 
会社概要 | サービス | 品質 | ブログ | プライバシー | 利用規約 | お問い合わせ
Copyright 2003-2019, Bittele Electronics Inc. All Rights Reserved.