サービス
PCBの製造
PCB実装
部品管理
ICプログラミング
機能テスト

機能テスト

Bittele Electronicsはターンキー実装サービスを備えた機能テスト(FCT)を提供しています。機能テストは通常、基板回路が実装られ、AOIおよび外観検査が終了した後に実行されます。初期のテストでは、部品の故障、組立上の欠陥、潜在的な設計上の問題を早期に見つけて修正し、なるべく早い段階でトラブルシューティングを行うことができます。それで、短期間でお客様に完璧な製品を提供することができます。機能テストは主に、短絡、オープン、部品の欠落、誤った部品の取り付けなどの組立上の問題を避けるために行われます。

機能テスタは通常、FCTを実行するためにテストポイントまたはテストプローブポイントに接続されたコンピュータを使用します。テスト結果がソフトウェアまたはファームウェアを操作して指定された要件を満たしているかどうかについて基板が合否を確認します。

機能テストは、ファームウェアと呼ばれることが多いソフトウェアをテストし、デジタルマルチメータ、入力/出力PCB、通信ポートなどのテスト機器で有効になります。自動化されたコンピュータベースの機能テスト(FCT)は、試験中のデバイスをモニタリングするために外部機器とインタフェースする試験ソフトウェアを使用する組立ライン作業員によって実行されます。

functional testing

弊社はお客様と一緒に機能テストを実装するために協力したいと思います。このテストエンジニアは、テストスコープとテスト命令などの要件をプレビューし、必要に応じてテストジグを設計し、計測器をセットアップし、テストレポートフォームを準備し、テストワークフローを設計します。

Bitteleでは、調整可能なDC電源、200MHzデジタルオシロスコープ、信号発生器、LRCマルチメータ、ユニバーサルプログラマが装備されています。これは、ほとんどの組み込みシステムテストに適用されます。テスト結果はコンピュータで収集するや、手動で記録することができます。基板がテストに合格しなかった場合は、トラブルシューティングプログラムが起動され、障害の根本的な原因が見つかることができます。弊社のプロセスエンジニアが組立容易性設計(DFA)フォームを発行し、当社の品質エンジニアが8D品質保証レポートを作成します。 DFAレポートは設計リファレンスとして顧客に送信されます。後者は弊社の品質向上ガイドラインになります。

 
Bitteleにおける関税控除政策
Bittele Electronicsは、新しいPCB実装ラインを導入
Bitteleのストラテジーは、ターンキーPCB実装に取り組む
Bittele Electronicsは無料受動部品サービスで顧客のコスト削減に達成
 
製造性考慮設計(DFM)ガイド
実装設計(DFA)ガイド
サンプル部品表(BOM)
実装仕様のサンプル
PCB製造仕様
 
testimonials
 
payment types
他の支払方法 ...
 
 
 
会社概要 | サービス | 品質 | ブログ | プライバシー | 利用規約 | お問い合わせ
Copyright 2003-2019, Bittele Electronics Inc. All Rights Reserved.